事業内容 リビルトとは? 商品案内 関連会社 よくあるご質問 お問合せ お客様へ ENGLISH
ホーム > 商品案内 > ドライブシャフト
商品案内 ドライブシャフト
ドライブシャフト パワステギア・パワステポンプ エアコンコンプレッサー・ブレーキキャリパ プロペラシャフト 強化型ドライブシャフト
ドライブシャフト 一般的に、ドライブシャフトの交換の原因はタイヤ側のジョイント(アウタージョイント) の磨耗によるものです。当社では、アウタージョイントは全て新品に交換しています。
 
ドライブシャフトのリビルト方法は大きく分けて3種類あります。
A.タイヤ側ジョイント+シャフト+デフ側ジョイント全てをリビルトしたもの。
B.タイヤ側ジョイント+シャフトをリビルトしたもの。
C.タイヤ側ジョイントのみリビルトしたもの。
タイヤ側ジョイントのリビルト方法の違い
1.全てNEW部分と交換したもの[ウラワ産業リビルト方法](品質が安定で確実)
2.ダメージ部を再加工したもの(寿命の低下、品質が不安定)
3.分解洗浄後、再組付けしたもの(品質が非常に不安定)
当社耐久性テスト結果
ドライブシャフトのリビルト工程を簡単にご紹介します。
1.(分解工程)
まず、コアのアウタージョイントを取り外します。外されたアウタージョイントは全て廃棄されます。(後で新品が取り付けられます)。 (アウタージョイントの再研磨加工は強度的、精度的に問題があるため、当社では アウタージョイントの再利用は一切しておりません)その後、インボード側も含め、コアは部品単位に分解されます。コアに取り付けてあったブーツ、グリス等は交換されるため、全て廃棄されます。
2.(洗浄工程)
分解後、洗浄機で汚れを取り除きます。
3.(組み付け工程)
洗浄後、再塗装が施された後、当社製新品アウタージョイントとともに 再度アッセンブリーされます。もちろん、シャフトの曲がり等、修正が必要なものは事前に手直しをします。
CVアウタージョイント CVアウタージョイント
高品質のURWブランドで世界中に認知されているウラワ産業の主力製品です。
純正品を超える耐磨耗性を実現させたのが特徴です。当社のリビルトのドライブシャフト・アッセンブリーにも、このアウタージョイントが組み付けられています。

当社独自の設計による新品です。
加工ライン
パーフェクトシャフト(ハーフシャフト) パーフェクトシャフト(ハーフシャフト)
CVアウタージョイントにセンターシャフトを組み込んだ製品です(インボード側のジョイントは現車のものをご利用 いただきます)。アウタージョイントより簡単に交換でき、かつアッセンブリーよりも安価です。

当社独自の設計による新品です。
ウラワ産業 〒270−0202 千葉県野田市関宿台町西1−22 TEL:04−7120−7030 FAX:04−7120−7031
Copyright © 2006 MATSUI UNIVERSAL JOINT CORP. All Rights Reserved.